MSW協会について

沖縄県医療ソーシャルワーカー協会のご案内

 

沖縄県医療ソーシャルワーカー協会の歴史

設立年月日 1988(昭和63)年10月7日
設立の状況

1. 設立時の協会名
沖縄県医療ソーシャルワーカーの会

2. 設立時の会員数
9人(7病院、2施設)

3. 設立時の会長名(職種)
比嘉 康江 (沖縄協同病院:医療ソーシャルワーカー)

4. 設立にまつわるエピソード
県内でMSWが配置され始めたのは1980年代中頃で4~5人いましたが、1988(昭和63)年当時既に50人以上の会員を擁し活動していた沖縄県精神医学ソーシャルワーカー協会長(安里 千代子氏)の呼びかけで9人(7病院2施設)が集まり、会を発足しました。
 

事業の展開・発展

1. 会員の資質向上に関すること
■定例研修会(毎月第二水曜日:事例研究、県内講師による講演、施設紹介等)
■宿泊研修会(年1回:県外講師等)

2. 患者(家族)・地域住民の福祉の向上をめざして
■ハンセン病元患者支援委員会を県内ソーシャルワーカー4団体で立ち上げ、県内外の情報収集・県内支援団体との情報交換・学習会等を行い、沖縄県社会福祉士会ハンセン氏病 被害実態調査へ参加。
■難病相談支援センター主催の講演会へ、シンポジストを派遣。

3. 関係機関・関係団体との連携
■2001(平成13)年3月18日
沖縄県ソーシャルワーカー協議会結成総会及び社会福祉特別講演会
(講師:ニューヨーク・イエシバ大学 マーガレット・ギベルマン教授)

■2002(平成14)年11月8日~9日
第39回九州医療社会事業研修会沖縄大会

■2003(平成15)年2月22日
沖縄県ソーシャルワーカー協議会第2回社会福祉公開セミナー主催
(講師:沖縄県福祉保健部参事 福母 淳治氏)

■2003(平成15)年度
介護を考える女性の会「沖縄県老人保健施設訪問調査」に 調査員として参加。

■2005(平成17)年度
沖縄県社会福祉士会「福祉サービス完全ガイド」編集に参加。

■2006(平成18)年6月24日
第3回九州医療社会事業協議会中堅者研修会沖縄大会

■2007(平成19)年2月24日
沖縄県ソーシャルワーカー協議会第6回社会福祉公開セミナー主催
(講師:佐賀大学医学部 齊場 三十四教授)

4. その他、当協会の特徴的な事業展開
■1993(平成5)年8月
沖縄県医療ソーシャルワーカー協会に名称変更、 規約制定 。

■2001(平成13)年3月
精神保健福祉士会、ソーシャルワーカー協会、社会福祉士会と、沖縄県ソーシャルワーカー協議会を立ち上げ、毎月代表者会議・新聞紙上での相談コーナー編集委員会・ハンセン病元患者支援委員会を開催、年1回は講演会・セミナー等を開催している。

2016(平成28)年
4月現在の状況

1. 協会名
一般社団法人沖縄県医療ソーシャルワーカー協会

2. 会員数
121名

3. 会長名(職種)
樋口 美智子 (那覇市立病院:医療ソーシャルワーカー)

4. 事務局
大浜第一病院 地域医療連携室 當銘 由香
〒900-0005 沖縄県那覇市天久1000番地
TEL:098-866-5171 FAX:098-864-1874



ページトップへ